【アドセンス審査】アダルトコンテンツはどこからどこまでなのか | 世界の宗教とスピリチュアル

【アドセンス審査】アダルトコンテンツはどこからどこまでなのか

ブログ運営者だと、グーグルの評価で日々、一喜一憂していることでしょう。

今回はどこからどこまでがグーグルでいうところのアダルトコンテンツなのか、について言及していきたいと思います。

 

グーグルのアルゴリズムは、言われているほど賢くない

グーグルのアルゴリズムが賢いと思っている人が多くいますが、今の段階では、単なるアルゴリズムに過ぎないので、ちゃんと今のレベルのアルゴリズムに合わせて対応していけば、大丈夫ですよ。。。

 

ただ今後は精度は上がっていくことは間違いないでしょう。

 

キーワードで拾ってる

今の段階では、明らかにキーワードで拾っていると思われます。

 

いうまでもないですが、グーグル社員はエリート集団ですので、ブログ記事をグーグルの人間がいちいち読んでいるわけがありません。

 

なので、あくまで、キーワードで拾っています

 

文脈は拾えていない

他のサイトで、●EXといった、伏せ字もNGワードとなっていて、グーグル賢い!みたいな書き方をしているサイトがありましたが、単に●EXといったワードもNGワードとして登録されているだけの話だと思います。

 

閲覧数がないと看過される

アダルトコンテンツとして認定されてしまったページは6ヶ月以上、公開状態でした。

しかし、その間は、一度もアダルトコンテンツ認定はされませんでした。

恐らく、クローラーがこのページに来ていないため、今までは見過ごされていた様でした。

 

オプション 1

ページがポリシーに準拠していることを確認したうえで審査をリクエストし、広告配信を再開する

  1. 違反内容を修正してください
  2. 広告コードを残す
  3. 審査をリクエストする

通常、審査には 1 週間かかりますが、それより長くかかる場合もあります。

オプション 2

広告配信リクエストを停止する

自動広告: 新しい URL グループを作成し、広告配信を停止するページを選択または追加します。広告フォーマットは何も指定しないでください。その後 7~10 日以内に、選択したページがポリシー センターに表示されなくなります。審査はリクエストしないでください。

広告ユニット: このページから Google の広告コードをすべて削除したうえで、Google の対応をお待ちください。その後 7~10 日以内に、選択したページがポリシー センターに表示されなくなります。審査はリクエストしないでください。

 

 

アダルト コンテンツ(性的な内容)について

AdSense のプログラム ポリシーに記載されているとおり、性的なものを暗示するコンテンツや性的興奮を与えることを目的としたコンテンツのあるページやアプリに Google 広告を掲載することは許可されません。次に例を示しますが、これらに限定されません。

  • ポルノ画像、動画、ゲーム

  • 性的欲求を刺激するテキスト、画像、音声、動画

  • 性的なものを暗示するコンテンツや性的興奮を与えることを目的としたコンテンツへのリンクを掲載したり、このようなコンテンツにユーザーを誘導したりするページ

     

最後に

最近はAIだのロボットだの、なんだか過大評価されている傾向にあります。

 

こっちも読んで!
スポンサーリンク
ブログ
はげまるをフォローする
世界の宗教とスピリチュアル
スポンサーリンク