元彼を忘れられないまま結婚?〜後悔しないために〜

スポンサーリンク

大好きだった元カレ。

 

だけど、女の賞味期限は短いもので、待っていたら、子供も産めなくなってしまう。

 

そんな皆さんにアドバイスしたいと思います。

 

手っ取り早く玉砕する

元カレに思いを伝えるためには、まず、今の婚約者と別れなければならない

と考える人も多いのですが、別に今の婚約者と別れる必要はありません

 

婚約者と関係を続けつつも、元カレに連絡を取ってみましょう。

 

できればメールではなく、痕跡が残らない、

電話が一番いいでしょう。

 

元カレの短所を思い出す

人によっては、婚約者と元カレが知り合い、という方もいらっしゃるでしょう。

 

そういう場合は、元カレの短所を羅列するといいかもしれません。

 

元カレにも、短所はたくさんあっただろうに、別れて時間が経つと、

元カレとの良かった思い出ばかりが回想されます。

 

元カレにも、嫌なところは、たくさんあったはずです。

 

 

2番目に好きな人と結婚した方がうまくいく

昔からある格言で、2番目に好きな人と結婚した方がうまくいく、ということ。

 

コレもよく聞く話だと思いますが、恋人は長所を見せ合い、夫婦は短所を見せ合いといいます。

 

本当に好き同士で結婚しても、実際一緒に生活をし始めたら、最終的には、憎しみ合う関係になってしまった人を、管理人は何人か知っています。

 

2択ではない

婚約者がいて、元カレに未練があると、二択しかない様に思えますが、何も別にどちらかを選ぶ必要はありません。

 

どちらも選ばないという、選択肢もあります。

 

そもそも、結婚はしなければいけない義務はありません。

 

元カレと婚約者が仮に知り合いで、元カレにアタックして玉砕して、さらに婚約者にバレたとしても、別に人生は終わりではありません

 

今回は結婚できなかったとしても、男性は星の数ほどいますので、

何も、二人の男性に縛られる必要はありません

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
恋愛
mayuowwwをフォローする
女坊主たわしブログ
スポンサーリンク