Nexflix版デスノートを観た感想 | 世界の宗教とスピリチュアル

Nexflix版デスノートを観た感想

日本のデスノートがネットフリックスによって、実写化された。

それを観た感想を述べる。

 

酷い?

検索すると、酷いとか、

酷すぎて笑えるとまで、記載されているものもあった。

 

実際に管理人も観てみたが、正直あんなものじゃないかと思う。

 

見下すわけではないが、アメリカの映画は、単純化したプロットが多い。

 

はっきりいって、原作のデスノートができすぎているだけなのだ

 

なのであの映画がひどいというよりは、ノートに書けば人を殺せるという設定で、

大衆受けを狙ったもの作ると、あんな感じの映画になるんではないだろうか。

 

 

 

 

 

大まかなプロットは同じ

超大まかな筋書きは同じだが、細かい部分は結構話を変えてきている。

 

正直言って、ヒロインが邪魔

 

というかネットフリックス版だと、ヒロインの存在が大きく、

恋愛要素をいちいち入れないで欲しいと思うが、

 

日本の少年マンガは恋愛要素がないのが一般的ではあるものの、

大衆受けを狙うのは、恋愛要素がないといけないのかもしれない。

 

なぜ名前がKiraなのかよく分からない

映画の中には日本の名前として、Kiraが登場してくる。

 

しかしアメリカの舞台であるはずなのに、

いきなり日本名が出てくるのかが、分からない

 

日本と何かとこじつけたいのは分かるが、あまりに無理があるように感じる。

 

 

こっちも読んで!
スポンサーリンク
海外情報
はげまるをフォローする
世界の宗教とスピリチュアル
スポンサーリンク