宗教は儲かる?立ち上げ方と作り方のビジネスモデル | 女坊主一人旅ブログ

宗教は儲かる?立ち上げ方と作り方のビジネスモデル

お金

宗教といっても古今東西さまざま

今回は宗教で金儲けできるかについて検証してみました。

お金ない・ほしい人にまず確認してほしいこと

 

宗教法人

税金が免除される

ご存知の方も多いでしょうが、宗教法人の認定をもらうと税金がかかりません

 

また法律の適用外となりますので、仮に殺人に近い状況が行われていても、黙認されるケースが多いようです。

 

現在宗教法人格は、5000万円で売られているようです。

 

一見高いように思われる宗教法人格ですが、巨大化した宗教団体にとって税金は大きな出費です。

 

既に大金を稼ぐ宗教法人にとって、5000万円といってもすぐに元が取れてしまうのです。

貯金が貯まらない人の特徴と対策

 

壺やペンダントなどのグッズ

カルト宗教の代名詞と言われるツボ

 

原価は数千円でも、カルマ(生まれ変わり)がよくなると信者にいえば数十万円で売れます。

 

ボロ儲けです。

楽してお金稼ぐことがしたい人が読む本

 

目的

カルト宗教などの目的はやはりお金です。

 

真っ当に商売するよりも、悩める人をおとしめた方が、はるかにお金にしやすいようです。

 

また宗教法人になれば課税されなくなるのは大きいでしょう。

楽してすぐにお金を稼ぐ方法?それって詐欺じゃない?

 

実践するには

まずはスピリチュアル研究所として小さい事務所を間借りします。

 

誰も来なければ駅前でチラシ配りをするのもいいかもしれません。

 

そしてそのうち占い好きな女性が事務所を訪れるようになり、そういった女性には、前述したカルマが良くなる占いグッズを買わせればいいでしょう。

 

まずこのレベルでは普通に生活できるぐらいは稼げてしまい、さほど大金を稼いでいるわけではないため、行政からの目を掻い潜ることができます。

 

これ以上大きくすると、税金や周囲の目、行政の目といった問題が次々と起こりうるでしょう。

 

宗教法人を本格的に立ち上げたい場合は、まずは苫米地英人博士の本を読むことをおすすめします。

天才!苫米地英人博士〜宗教おすすめ本〜

スポンサーリンク