カウチサーフィン?ヨーロッパの無料滞在ならHelpX/workawayを使え2019

海外情報

ヨーロッパでの物価が高いところだと旅費を節約するために、

よくカウチサーフィン を使えって言われるじゃないですか。

 

でも女性だと躊躇するしなんせ無料だから逆に怖いってこともある。

今回は無料とはいえども交換条件で泊まれる方法をご紹介します。

 

【カウチサーフィン 】女性一人で男性宅に泊まった体験談

 

ワークアウェイ(workaway)

ヨーロッパだとworkawayが主流のようです。

workaway

 

簡単にいうとWWOOF(ウーフ)のようなサービスで、家事や農家の手伝いをして食費と滞在費を無料してもらえるサービスです。

 

イギリス人で日本のworkawayを利用した滞在をした人に会ったことがあります。

 

workawayもHelpXとほぼ同様のサービスとなります。

 

このサービスがある限り、永遠に旅ができちゃうんではないかと思っちゃいます。

 

ヨーロッパまとめ

オセアニアまとめ

 

ヘルプエックス(HelpX)

日本だと認知度はそんなに高くないですが、

オセアニア地域ではそこそこの知名度を誇っています。

 

なのでワーホリでニュージーランドやオーストラリアに行くにもおすすめな方法です。

 

Helpx公式サイト

 

WWOOF(ウーフ)

類似したサービスでhelpXや、workawayよりも有名なのがWWOOFでしょう。

WWOOF

 

しかし実際利用してみた感想はホストの返信が遅いことと、利用するのに6000円ホスト側も利用するのにお金を払わなければならず、利用者が実はそんなに多くなかった印象です。

 

また他の人の話によるとホストに承認される確率も低く、私は早急にヘルプエックスに利用を移行しました。

 

 

HelpX/workawayのしくみ

ファームステイ ニュージーランド

主に家の掃除や、子供の世話などを看て、

滞在費と食事をホストから提供してもらえる制度になります。

 

物価の高い地域を旅行する際には、本当に助かりますね。

 

カップル・家族連れにもおすすめ

ちょっと意外かもしれませんがこれ特にカップルにおすすめなんですよ。

 

ホストも部屋を一部屋貸すだけで働き手が二人になるので、

カップルなどの2人組しか募集していないホストが意外と多いんです。

 

日本人の感覚だと少し驚きですよね。

 

また家族でもOK!みたいなホストも見かけますので、

探せば家族旅行で滞在費・食費を浮かせることができてしまうのです!

すごすぎです。

 

カップルでドミトリーに泊まるのはあり?〜アリです〜

 

ホスト選定のコツ

出来るだけ、労働時間が明記されているホストがいいでしょう。

 

そうでないと、ホストの気分で予想外の時間で働かされるかもしれません。

 

HelpX注意点

料金がかかる

無料滞在とはなりますが、HelpXのシステムは完全無料ではありません。

 

とはいえ、最初に3000円ほど払うだけですが。

 

出会い厨がいる

特に女性に注意していただきたいのですが、中にはやはり怪しい人もいます。

 

基本的に評価がついている人の中で、評価が高い人を選べば問題ありません。

 

しかしあまり評価が低い人を選ぶと、なんだか単純に出会い目的だったんじゃないかという人もいます。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
こっちも読んで!
海外情報
はげまるをフォローする
女一人旅まるこめブログ
スポンサーリンク